供給秘話 ― Story ―

数年前、国内大手特殊鋼メーカーから、板厚13mm以下の合金工具鋼(薄板ゲージ鋼板)生産の撤退が発表されました。
直後から、薄板ゲージ鋼板を在庫していた当社に対して、全国の様々なお客様よりお問合わせが殺到しました。
こうした顧客の声から、特殊鋼の専門集団として、薄板ゲージ鋼の供給を継続させる必要があると考えるに至りました。
先ずは、お客様ニーズを再確認するため、測定ゲージメーカーの製造工程を見学させていただき、鋼材に要求される品質の確認を行いました。

次に、ゲージ鋼のビレット材(原材料)を確保するため、鋼材メーカーへ直接交渉を開始しました。幸いこれまで取引のあった大手鋼材メーカーからビレット材供給の協力を得ました。

そこで、このビレットを圧延していただける協力先企業探しに全国各地の圧延会社にコンタクトをとりました。
数か月後、薄板ゲージ鋼の必要性に共感をもっていただけた圧延会社をようやく探し当てました。

実は、ここからが大変でした。お客様ニーズを踏まえ、圧延工程や熱処理工程の製造条件を決定し品質確保できるまでに、 様々な試行錯誤と十数回以上のサンプル製造を経てようやく完成しました。

その後、当社は、フライス加工するための設備を導入し、現在、厚み、幅、長さの要望に応え、小口注文にも対応できるようになりました。

このように、当社はお客様の強い要望に応えるため、薄板ゲージ鋼の安定供給のためのOEM体制を独自に確保することができました。
この薄板ゲージ鋼の安定供給体制は、お客様が本質的なニーズをご開示くださったこと、圧延工程を担う企業様が品質確保のために惜しみない協力をしてくださったことで実現できたものです。

なお、薄板ゲージ鋼の品質は、材質のミルシート及び圧延工程後の検査成績書を入手し、最終当社が分子検査を検査会社に依頼しています。

現在、薄板のゲージ鋼材のお客様は、測定ゲージメーカー、部品工具メーカー、金型メーカー、刃物メーカー等、広くご利用いただいております。

お問合せフォーム

お電話・FAX連絡先

Copyright© 坂口鋼材株式会社 All Rights Reserved.